FX 入門編、買いパターンを覚えて上手な取引き

FX 入門編とはいっても、始めたばかりの初心者では、テクニカル分析は非常に難解なものです。そこで、為替市場に現れるパターンをいくつか読み取り、それを根拠にして売り買いを行っていくという方法があります。FX 入門初心者では、買いや売りのタイミングがどこにあるのか慣れていませんので、そうしたパターンが売買の決断の材料となるわけです。

こうした、売買のタイミングとして、使われているのがグランビルの法則と呼ばれるもので、この法則にはいくつかのパターンがあり、買いポイントのパターンと下りポイントのパターンを、簡単に見分ける事ができるものです。

買いパターンとなるものは、移動平行線が下降から横ばいになり、為替レートがこの移動平行線を突き抜けた時、そして下降している移動平行線を為替レートが大きく下回ったパターンなどがあります。また、上昇していく移動平行線では、為替レートが移動平行線を大きく下回った時、または為替レートが下がったものの、移動平行線に交差せずそのまま反発した場合も買いパターンとなります。これらのパターンは、決して100パーセントのものではありませんが、その特徴としていずれも移動平行線と近づくような値動きとなっています。